EVENT活動報告

[:ja]教育[:en]Education[:]

【フレッシュマンキャンプ】東京情報大学 新設 看護学部 への導入事例

東京情報大学看護学部フレッシュマンキャンプ

—Points of You®を活用したグループワーク—

2017年4月9日(日)16:00-18:00  学生・教員全140名参加

ファシリテーター  Points of You®認定 TCPマスタートレーナー 加納 弓

 

 

 

こんにちは、Points of  You ®認定 TCPマスタートレーナーの加納弓です。

 

2017年4月に新設された東京情報大学看護学部のフレッシュマンキャンプで140名の新入生及び教員の方々にPoints of You®を活用したグループワークを体験いただきました。

 

「地域に貢献するたくましい看護師」を育てることを目的として今年新設されたばかりの看護学部。新入生だけでなく、教員もさまざまな分野のプロフェッショナルが集まり、新たにチームとして学生の指導をしていく、はじまりの物語がこのフレッシュマンキャンプでした。

 

「たくましさ」をテーマにPoints of  You®を使って2時間たっぷり新入生と新教員がフラットな立場で語り合い交流を深めます。

 

 

このグループワークでは3つのゴールを設定しました。

1)感じたことを表現し自己理解を深める

−自律へのファーストステップとして−

2)学生、教員の垣根を越えたフラットな対話による他者理解(多様性)を深める

−共創へのファーストステップとして−

3)「たくましさ」の多様性理解と「たくましい看護師」像への意識付け

−たくましい看護師へのファーストステップとして−

 

2時間のグループワークは、アイスブレイクにPoints of You®を使用した自己紹介からはじまり、ポージング、3つの質問から構成されるアレンジ版のエクスペリエンス・エンカウンターで「たくましさ」をテーマにグループワークを行いました。エンカウンターワークの合間、合間でのストーリーテリングはファシリテーションサポートをしていただいた4名の教員の方が4つのストーリーを朗読します。クロージングにひとりひとり「たくましさとは◯◯だ」と言葉で表現し、140のたくましさを宣言してもらいました。

 

看護学部の理念である「自立と共創」「たくましさ」をテーマに選んだ4つのストーリー

「重荷 Load」「力強い Forceful」「失敗 Failure」「一緒に Together」

 

 

 

「楽しかった」「看護師にはコミュニケーションが重要だということがわかった」

「はずかしかった」「仲良くなれた」「難しかった」

「この新設学部の目指す姿を体験できるワークだった」

入学式から数日で、これほど深く、たくさん教員や同級生と話す機会ができたこと。

その瞬間に立ち会うことができ、小さな感動がたくさん溢れる1日となりました。

 

Points of You Japan ディレクター 加納 弓

yumi.kano@poyjapan.com

instagramInstagram