TRAINERトレーナーを探す

かざま なほこ Nahoko Kazama マスタートレーナー
肩書
資格等
連絡先
kazahana1225@yahoo.co.jp
nahoko.kazama@poyjapan.com
活動場所
自己紹介

コーチングは『活きる!』を実感。ポージングは『生きる!』を実感。

 

愛と信頼であなたと共に歩みます。

Points of YouⓇマスタートレーナーのかざまなほこです。

IMG_3841

私はコーチです。(400時間)

私は講師です。(700時間)

私は看護師です。(臨床20ウン年)

 

【Points of YouⓇコーチングセッションの継続クライアント様のご感想です。】

私は頭で考えるばかりで、なかなか行動に移せないタイプでした。左脳優先型なので、理屈や理由を掴んで納得してからでないと動けない感じです。 でも心の片隅ではいつも“変化したい”と思っていました。それは“もっと自分には可能性があって、いくらでもいい方に変われるはず”という肯定的な夢のようなものでした。  ただ、どう変わりたいかがはっきりしてないので、目標は立てられず諦めていました。 そんな時友人からなほこコーチを紹介され、セッションを受けることになりました。 人生についてそれほど悩んでいるわけでもなく、大きな志や目標があるわけでもなく、自分なりに納得して楽しく生きてきたつもりでしたから、疑問や警戒心から始まったセッションでした。 しかし、根気よく話を聞いてくれるし、自分では考えた事もない切り口の質問によって自分の本心が見えたりして、毎回気づくことばかりです。右脳を引き出すってすごい技だと思います。また、その都度洞察等を文章にすることで明確になりとてもスッキリします。 次に会うまでに何度も自分の文章を読み返し、振り返ることで、どんどんいい方向に向かっていて活きてる感じがします。 前回は新年の目標を立てました。自分なりに既に8個の目標を立てていましたが、Points of YouⓇのコーチングで引き出してもらったものはスケールの大きな別物で、なのにとてもしっくりくるものでした。 今では自分にとって大切な必要な時間になっています。これからも長く続けていきたいと思います。

(40代女性 セッション歴8ヶ月)securedownload11

 

 

IMG_1947  【ポージング ~Pausing~】

2016年6月。開発者エフラットの  Trainer certification programを受けて、私は自分と向き合うことの重要性を学びました。特に、ポージングにおいては、自分を整える素晴らしい時間であると感じました。テキストに『タイムアウト』という表現があります。 医療の世界では、手術の際、執刀直前にその場にいる医師、看護師その他のスタッフが一斉に手を止めて、患者、術式、手術部位の確認を全員で行うことを指します。Points of YouⓇを扱う前には、その場にいる人々が、それまでの思考やざわつきを離れ、自分とカードに向き合う準備をする大切な『休止』の時間になります。そして『気を落ち着かせる』にはどうしたら良いかを得るために、真夏の早朝、2か月間坐禅に通いました。見えた答えは『生きている』ことを感じること。私は限りある『生』を意識することで、目先の問題や悩み、課題や目標について、ワクワクして取り組める選択ができるとポージングを通じて確信致しました。

 

自分と向き合うことの重要性を学んだカードIMG_2494

 

【幸福感をもたらす使命】

コーチングスクールの卒業生のお一人から、『講座を受けている間、まるでコーチングを受けているようだった』とフィードバックを受けたことがあります。常に、相手・周りの環境・自分、全てを信頼することを心がけております。私が提供するPoints of YouⓇトレーナー養成講座、エバンジェリスト養成講座、体験会やワークショップ全てにおいて、コーチとしてのスタンスを大切に臨んでいます。それは、『本当にコーチングが必要な人々』にコーチングを届け、幸福感も届けることにつながります。。。。。私の使命だと信じています。。。。。。

 

instagramInstagram